ワークプロセスデザイン

事業ステージに合わせたワークプロセスを設計していれば、スタッフへの負荷はいつでも最適です。

ステージに合わせたカイゼンを後回しにしている場合、見えないコストを消費しているかもしれません。

プロセスにちょっとした違和感を感じたら、そのときがチャンスです。

メニュー


プロセスコンサルティング

ヒトに過剰依存したプロセスは成長ステージでは絶対有効なものです。

しかし、ふとしたとき、『●●さんがいないとできない』という感覚に苛まれたことはありませんか?

こういったケースが多い場合はそろそろリニューアルが必要です。弊社はプロセス再設計の際、必要に応じてシステム導入や廃止、アウトソーシングの活用などもご提案いたします。


【事例A】Excel職人との離別

組織の重要なデータベースを特定のEXCEL職人さんに任せていませんか?

その職人さんの退職にビクビクしたり、御局化していたり、残業代に偏りを感じたり・・・

『脱・EXCEL』を強く掲げ、新しい仕組みに移行しましょう。職人さんへの依存度を下げる支援をいたします。

【事例B】キャッチボールか おてだまか

伝言メモがなくならない。飛び交うメールが多すぎる。着信履歴が見きれない。

わたしは言った  わたしは知らない  それってわたしの仕事なの?

そんな日常に呆れる前に私たちを呼んでください。

【事例C】いのべーしょん?

効率化好き+新しモノ好きな職人さんがいる場合、色々導入しすぎた挙句、迷走している…なんてことも。

なかなかポリシーが決まらない場合、弊社からシステムを提案していたします。


アウトソーシングサービス

『だれかに手伝ってほしい』『派遣社員が登用しづらい』などの事情でお困りのクライアント様向け。

スタッフの皆さまがコアワークに集中するため、一部のタスクを弊社が代行いたします。

ルーティン、スポットどちらでもご相談ください。


【事例D】年に一度の大掛かりな集計業務

毎年全スタッフ向けに行われるアンケートの送付、回収、集計、報告のプロセス。

ほかのタスクに影響しないよう、ひと月だけ支援してほしいというケースです。

【事例F】数年ぶりに全スタッフのモバイル機器を入れ替える

会社用のスマホを数年ぶりに入れ替えることに。機器の設定台数が多いので一時的に派遣社員を雇おうかと思ったものの、期間が短すぎてリテラシーのある候補者が上がらないというケース。

近年、派遣候補者のクオリティがイマイチという声が多くなっています。